損益分岐点.jp HOME > 損益分岐点

損益分岐点

飲食店の場合・2013年5月14日

飲食店において売上とは顧客単価×来客数です。

顧客単価を上げる方法としては、顧客満足度を上げたりホールスタッフの効率化を図ったりするためにセルフオーダーシステム(例えば「メニュー.jp」)を導入することなどが挙げられます。

また、来客数を上げる方法としては、WebサイトにSEO対策を施すことが効果的です。SEO対策については弊社にお任せ下さい。
GoodHP.com

固定費と変動費

費用は売上に関係なくかかる「固定費」と、売上に比例して増加する「変動費」とに分類することができる。固定費の例としては人件費や設備関連費用、不動産賃借料などがあり、変動費の例としては仕入原価や原材料費などが挙げられます。

エンドユーザー

エンドユーザーとは、ある製品に関して、それを最終的に使用する人間のことをいいます。すなわち製品がそれを購入した人の元に届くまでには様々な流通経路をたどりますが、そのたどり着いた末端の消費者のことです。消費財の大部分は購入した人がエンドユーザーとなりますので、エンドユーザーに購買行動を起こさせるような製品開発などが重要になってきます。

損益分岐点とは・2013年5月13日

損益分岐点とは、売上高と費用の額が等しくなる売上高あるいは販売数量のことをいいます。売上高の方は損益分岐点売上高といい、販売数量の方は損益分岐点販売数量といいます。損益分岐点は管理会計上の概念の一種です。損益分岐点以上に売上高がなれば利益が生じ、逆に損益分岐点以下に留まっていれば損失が生じます。

会社概要

会社名 グッドエイチピードットコム株式会社
代表取締役 本井 啓一
創業 2000年12月
資本金 3000万円
従業員数 10名
本社 【所在地】〒610-1102 京都市西京区御陵大枝山町5-22-13
【TEL】075-335-5553
【FAX】075-335-5550
事業内容 ホームページ製作・運営管理
ホームページによる需要創出

更新履歴