損益分岐点.jp HOME > 損益分岐点とは

損益分岐点とは・2013年5月13日

損益分岐点とは、売上高と費用の額が等しくなる売上高あるいは販売数量のことをいいます。売上高の方は損益分岐点売上高といい、販売数量の方は損益分岐点販売数量といいます。損益分岐点は管理会計上の概念の一種です。損益分岐点以上に売上高がなれば利益が生じ、逆に損益分岐点以下に留まっていれば損失が生じます。